本文へスキップ

東浦和たんぽぽ鍼灸院 子宝・マタニティ専門ページです。

さいたま市緑区東浦和1-20-18
電話でのご予約・お問い合わせは
TEL.080-3245-5326

安産灸Anzankyu

安産灸は、生まれる前のわが子へのプレゼント

院長写真
 安産灸をすることによって
・産後の肥立ちがよくなります。
・逆児の予防ができます。
・胎児の発育がよくなります。
・安産を目指す方に
・腰痛・頭痛・鼻炎などの予防
・体質強化など

妊娠してから、自分自身の身体の力を振り絞ってお母さんは子供を育てます。母子ともに安全で幸せにお産を迎えるためのケアを行います。
早めに始めるほど、身体は安定してお産に向かうことができますので、16週を過ぎたころから始めることがおススメです。
多くの鍼灸院は、「不妊」のケアを重点的に行っていますが、安産までのケアをトータルで行うことができる女性鍼灸師のいる鍼灸院として、責任をもって命に係わることを大切にしていきたいと思います。

あれ?と思う急なトラブルはまず「かかりつけの産科の先生」へご相談ください。 
鍼灸でできる
妊娠中
トラブルケア
身体のこと)腰痛・頭痛・鼻炎・便秘
心のこと)不安・ストレス
胎児のこと)切迫早産予防・張り予防薬ウテメリンの副作用予防
胎児の発育を促す
逆子予防
(16週〜出産間近まで承っています。通常2〜5回で戻りますが、早めのほうが回転しやすいので、28週前後で逆児と言われたら早めにお越しくださいね!)
こういった症状に当てはまる方に!
・食生活のバランスが自信がない・出産間近まで少し無理をして働いていた
・もともと身体が弱い・切迫早産気味と言われた・高齢出産である・不妊治療をしていた
鍼灸でできる
出産準備ケア
帝王切開の予防・陣痛促進剤使用の予防
おっぱいがよく出るようにする
産後の肥立ちがよくなるようにする
第二子を考えている
更年期がストレスなく迎えられるようにする
 こういった症状に当てはまる方に!
・逆児であった・出産間近まで働いていた・安静にする必要があって、体力を落としてしまった
・もともと身体が弱い・高齢出産である・不妊治療をしていた
・家族のサポートが少ないので、産後スムーズに家事育児を行えるようにしたい

治療について

鍼・灸・整体法を用いて、できるだけ軽い刺激によって安全にお身体を整えていきます。
セルフケアができる方は、月1回〜3回。心配でしょうがない方は、週1回〜。がおススメです。
逆児の治療だけでも承っております。(戻る方は、2〜3回で戻ります。戻らない場合は、お母さんや赤ちゃんに「戻らないほうがいい理由」があることがあります。そうした場合も鍼灸で身体の調子を整えることによって、よりよい出産を迎えることができるようになります。)


安産灸

安産灸
5,000円
回数券
5回 25,000円→23,000円
10回 50,000円→45,000円

お産が始まる3つのサイン

@おしるし A陣痛 B破水
これらが起こったときは、お産が始まるサインでもあります。
少なくとも出産1か月前までに、いつお産が始まってもよいように準備しておきましょう。

安産のためにやろうリスト

@  早寝早起きで、自律神経を整えよう(PM9:00〜AM6:00が理想)

A  毎日3時間の散歩で体力をつけよう

B  目を休めて身体をリラックスさせよう

C  冷えをとって身体を温めよう(着こなし・食べ物・冷やす原因除去)

D  自分自身を大切にし、リラックスできる環境をつくろう

E  食事をバランスよくおいしく食べよう

F  夫婦仲よく、お互いを大切にしよう

お産を人任せにせず、自分で身体づくりをし、お産を楽しみましょう!!

妊娠中にやらないほうがいいことリスト

@タバコ・コーヒー・カフェイン・アルコール
Aマタニティスイミング:身体が冷えやすくなります
B引っ越し:結構負担は大きいものです
C旅行:二時間以上離れた場所へは行かないようにします
D車の運転:妊娠中は頭がぼーっとしているので、危険です。
E自転車の運転:骨盤への振動があまりよくないです
Fパソコンを使い続ける:目を使うとおなかが張りやすくなります
G過激な運動:いつもしている運動以上に激しいことはしないようにしましょう
H冠婚葬祭への出席:冬のお葬式は身体が冷えます。結婚式はカロリー取りすぎに注意。
I常にイライラしたり落ち込んでしまうこと


 
LINEでのご予約は
こちら@dam0732s
ご予約はこちらから
 080-3245-5326
(施術中は出られませんので、留守番電話にメッセージをお願いします)
 acu.tampopo@gmail.com
(携帯電話の方は、Gmailからの受信ができるようお願いいたします)
 9:00〜17:00 日曜定休

東浦和たんぽぽ鍼灸院東浦和たんぽぽ鍼灸院

〒336-0926
さいたま市緑区東浦和1-20-18
駅前南通りセブンイレブン向
JR東浦和駅 徒歩3分
TEL 080-3245-5326
FAX 048-717-6587